K's Cafe

Factory Cafe へようこそ。

「こんな物を作ってみました」「こんな時はどんな物を使えばいいですか?」等、
機材に関する紹介や質問は、こちらに御願いします。

添付画像は3ファイル、総容量250KBまでOK。

2 / 132 ツリー ←次へ | 前へ→

ジンバル懸架の改良 デジ公望 06/3/4(土) 11:30 [添付]
改良の改良 デジ公望 06/3/7(火) 10:45 [添付][添付]

ジンバル懸架の改良
 デジ公望 E-MAIL  - 06/3/4(土) 11:30 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : P3042836.jpg
・サイズ : 144.3KB
   SP500mmは軽量なので三脚台座が付いてないのは当然でしょう。ところがこれがないとジンバル懸架はひじょうにやりずらくなります。そこで水道などに使うホースバンドで作ってみました。さらに雲台も、ふつうジンバル懸架など意図していませんから、なかなか思うようなものがありません。ふつうのボールヘッドの場合、パンはいいのですが、ティルトについてはボールの首が摩擦を起こしてギクシャクします。こんかい、Gitzoの”Off−center ball head”に目をつけ、これの2型G1275Mに大胆な加工を施して使ってみました。これは直交する両軸共に「正規の」摺動機構があって、動きはまことに円滑です。
このシステム、難をいえばホースバンドですね。張力は十分すぎるぐらいですが、帯と直角方向の撓みがすこし残ります。

添付画像
【P3042836.jpg : 144.3KB】

改良の改良
 デジ公望 E-MAIL  - 06/3/7(火) 10:45 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : P3072837.jpg
・サイズ : 104.1KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : P3070493.jpg
・サイズ : 137.3KB
   帯はやはりよくない、板にかぎるという感をつよくしました。出来合いのL字のアルミアングルを買ってきて、6.5mm穴ひとつと1/4インチのネジ穴をひとつ切っただけです。これでようやく満足できるものとなりましたのでとうぶんこれを愛用することになりそうです。発表されたフォーサーズ用SIGMAの50−500mmの発売を待つばかりですが、発売されてもこのSP500mmは超軽量版として持つ意味はありますね。
ちょっと試写してきました。マヒワでしょうか、木の実を食べています。

添付画像
【P3072837.jpg : 104.1KB】

添付画像
【P3070493.jpg : 137.3KB】

2 / 132 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
20076
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.